おんぶも抱っこも簡単ERGObabyの使い方

ハワイ生まれのベビーキャリア、エルゴ抱っこ紐専門店

翌日お届け 1万円以上で送料無料 1万円以上で送料無料 ラッピング・熨斗無料
Ergobaby SET ITEMS
Ergobaby Pick up
メールが届かない場合

お客様からの声

ラッピング無料

エルゴ 抱っこ紐に使える 防寒グッズ・ケープはこちら

エルゴ 抱っこ紐に使える UVサマーグッズはこちら
特集
ホームおんぶもだっこも簡単!動画で見るErgobabyの使い方

おんぶもだっこも簡単ERGObaby

対面抱っこ

腰抱き
おんぶ
その他
新生児対面抱っこ
対面抱っこ
おんぶ~抱っこへ
腰抱き
おんぶの使い方(1)
おんぶの使い方(2)
おんぶの使い方(3)
スリーピングフード
インファントインサート
  • バックルの装着方法(肩紐・腰ベルト・胸ストラップ):オスバックルをゴムに通してから、メスバックルに差し込みます。アクリルテープを引っ張って、身体に密着させてください。


※エルゴ ADAPT(アダプト)シリーズのご使用方法はこちら


※エルゴ 360(スリーシックスティ)シリーズのご使用方法はこちら





 新生児対面抱っこ

使い方ムービーをご覧いただけます


【英語】ベビーキャリア (3ポジション)




【日本語】ベビーキャリア (3ポジション)-ベビーウエストベルト付き-




対面抱っこ
使い方ムービーをご覧いただけます


【英語】ベビーキャリア (3ポジション)




【日本語】ベビーキャリア (3ポジション)-ベビーウエストベルト付き-


腰ベルトを装着し、キャリアの本体を身体の前に垂らします。赤ちゃんの両足が身体の両脇にくるように抱っこし、キャリア本体を赤ちゃんの背中にかぶせます。右手でキャリア本体と赤ちゃんを支えたまま、左の肩紐に左腕を通します。
赤ちゃんを支える手を持ちかえたら、右の肩紐に右腕を通します。両手を首の後ろにまわし胸ストラップのバックルを留めます。ストラップのアクリルテープを引っ張って締めてください。

※このようにして胸ストラップを留めるのが難しいようでしたら、先に胸バックルを留めてから頭を通してみてください。
ティップ・ヒント
  • この抱き方は、赤ちゃんの首が据わり、両足を広げて対面抱っこができるようになったらお試しください。
    これより前段階の赤ちゃんには、インファントインサート(新生児用パッド)のご使用をお勧めします。
  • 胸ストラップは上下へ調整することができます。胸ストラップの正しい位置は肩甲骨の上あたりで、両手を首の後ろにまわしてバックルを留めることができる程度の高さです。
ページの先頭へ戻る
おんぶ~抱っこへ
両肩紐のアジャスターを引っ張り上げて肩紐をゆるめ、胸ストラップを外します。右肩紐から右腕を抜き、左手で肩紐を持ちます。
右手を背中に回し、赤ちゃんの背中を支えます。左手で腰ベルトの右側をつかみ、左へ引きながら赤ちゃんを腰の右前まで移動します。赤ちゃんが移動したら、右腕で赤ちゃんを支えながら、左肩紐から左腕を抜きます。

※軽く反動を使うと、腰ベルトとキャリア本体の赤ちゃんを楽に動かすことができます。
赤ちゃんとキャリア本体を身体の前まで移動させます。赤ちゃんが身体の中心まできたら、赤ちゃんを支えながら両肩紐に腕を通します。両手を首の後ろにまわし、胸ストラップのバックルを留めます。ストラップのアクリルテープを引っ張って締めてください。
ページの先頭へ戻る
腰抱き
使い方ムービーをご覧いただけます(英語版)


【英語】ベビーキャリア (3ポジション)




【日本語】ベビーキャリア (3ポジション)-ベビーウエストベルト付き-


両肩紐のバックルを外し裏側を上にしてキャリアを広げます。腰ベルトを装着してから、右肩紐の先端を左肩紐(反対側)のメスバックルに留め、右肩にかけます。赤ちゃんをキャリア本体に入れるように抱っこします。
赤ちゃんのおしりがキャリア本体の中央にあるかを確かめてください。赤ちゃんを右手で軽く持ち上げたら、黒のアクリルテープを下に引っ張って肩紐を締め、赤ちゃんを身体に密着します。
左肩紐を身体の背中側へまわします。左肩紐の先端を、右肩紐(反対側)のメスバックルに留め、黒のアクリルテープを引っ張って肩紐を締めます。
ティップ・ヒント
  • 胸ストラップを留めると抱っこを安定させ、ベルトが邪魔になりません。
ページの先頭へ戻る
おんぶの使い方(1)
肩紐に両腕を通してキャリア本体を背負います。腰ベルトを装着し、長さを調整したら、右肩紐を肩から外します。赤ちゃんを身体の右腰あたりで抱っこします。左手を肩紐の下をくぐらせながら背中へまわし、赤ちゃんの左足をキャリア本体の中へ引き入れます。
身体を前かがみにしながら、赤ちゃんをおんぶするように背中へのせます。このとき、赤ちゃんの足が肩紐の輪の下を通っているかを確かめてください。赤ちゃんの足がキャリア本体に通ったら、前かがみのまま左手でキャリア本体と赤ちゃんを支えながら、赤ちゃんを背中の中央まで移動させ、右腕を肩紐に通します。
ここで直立に戻り、胸ストラップを留めます。胸ストラップの位置を脇の下くらいの高さに調整してください。
ティップ・ヒント
  • おんぶは赤ちゃんの首がすわって頭が安定し、足を簡単に広げるようになった段階でお試しください。
  • 肩紐を調整して、赤ちゃんと身体が密着するようにします。赤ちゃんの重心が外側へかかったり、お母さんの身体が前かがみになってしまうようでしたら、肩紐をもっと締めた方が良いでしょう。
  • おんぶができたら、身体を軽くゆすりあげながら赤ちゃんの足を軽く下に引くことで、赤ちゃんを正しい位置に移動することができます。
  • キャリア本体の背面が低い場合、本体の両脇を持って引き上げるか、両肩紐を引っ張りながら軽く身体をゆすって、赤ちゃんの体重が腰ベルトの方へかかるようにする等、赤ちゃんがキャリア本体の中で正しく座るようにしてください。
ページの先頭へ戻る
おんぶの使い方(2)
使い方ムービーをご覧いただけます(英語版)


【英語】ベビーキャリア (3ポジション)




【日本語】ベビーキャリア (3ポジション)-ベビーウエストベルト付き-


腰ベルトを装着し、キャリアの本体を身体の右側に垂らします。赤ちゃんを身体の右腰あたりで抱っこし、右手(又は右腕)で赤ちゃんを支えながら、キャリア本体を赤ちゃんの背中へかぶせます。両方の肩紐を左手で持ちます。赤ちゃんを背中へ移動します。肩紐を左手でしっかりと持ったまま、軽く反動を使うと移動が楽になります。
肩紐を持ったまま前かがみになり、右腕を背中にまわして赤ちゃんの背中を支えてから、肩紐を離します。左手を背中にまわして左肩紐に腕を通します。
左手で右肩紐をしっかりとつかんだら、右腕を通します。胸ストラップのバックルを留め調整します。
ページの先頭へ戻る
おんぶの使い方(3)
腰ベルトを装着し、キャリア本体を身体の後側に垂らします。お子様をおんぶします。
前かがみになってお子様を片腕でしっかりと支えます。空いている方の手で肩紐をもち、キャリア本体をお子様の背中にかぶせます。肩紐に腕を通したら、通した方の腕でお子様の背中を支えながら、もう片方の腕を肩紐に通します。
胸ストラップのバックルを留め調整します。  
ティップ・ヒント
  • このおんぶの仕方は、お子様がお母さんの背中に自分からつかまることができるようになったらお試しください。

ページの先頭へ戻る
スリーピングフードの使い方
腰ベルトを装着し、キャリア本体を身体の後側に垂らします。お子様をおんぶします。
前かがみになってお子様を片腕でしっかりと支えます。空いている方の手で肩紐をもち、キャリア本体をお子様の背中にかぶせます。肩紐に腕を通したら、通した方の腕でお子様の背中を支えながら、もう片方の腕を肩紐に通します。
胸ストラップのバックルを留め調整します。
ティップ・ヒント
  • 起きている赤ちゃんにスリーピングフードをかぶせると赤ちゃんは嫌がります。
  • フードは日よけとしても使用できます。
  • フードをかぶせる際は前かがみになり、赤ちゃんの頭をお母さんの背中の中央にくるようにすると良いでしょう。
  • フードの長さは赤ちゃんの成長に合わせて調整できます。
ページの先頭へ戻る
インファントインサート3使用方法 ~スライド装着~
使い方ムービーをご覧いただけます(日本語版)





インファントインサート3使用方法 ~ホールド装着~
使い方ムービーをご覧いただけます(日本語版)





インファントインサート2使用方法 ~新生児(0~2ヵ月)の赤ちゃん ~
使い方ムービーをご覧いただけます(英語版)





インファントインサート2使用方法 ~新生児(3~4ヵ月)の赤ちゃん ~
使い方ムービーをご覧いただけます(英語版)





インファントインサート2使用方法 ~新生児(4~6ヵ月)の赤ちゃん(クッションの使用) ~
使い方ムービーをご覧いただけます(英語版)








エルゴご購入はこちら